C9C5875A-1EEF-4358-AAF0-1B96BBDF116D

6
時半ごろには目覚めて、携帯をのんびりいじりながら少し時間を潰します。

今日の予定は、ずばりアウシュヴィッツに行くことです。

 

これが、ポーランドに行くことに決めた第一の理由でもあります。

また、アウシュヴィッツでは中谷さんという公式のガイドの方に案内をしてもらうことにしていました。
人生で何度もいく機会はないだろうアウシュヴィッツです。
一番勉強できる環境でいこうと決めたためです!

 

ちなみに中谷さんはアウシュヴィッツの公式のガイドとして有名な方で、
多くの方の旅行記・ブログにも名前が登場しておりますし、
私がときどき聴く荻上チキさんのラジオにもゲストで登場されたことなどもあります。

 

そのラジオ番組のホームページに中谷さんの連絡先が紹介されていて、
そこから今回のガイドをお願いしました。

 

全体のガイドの時間はアウシュヴィッツ・ビルケナウ合わせて約3時間、
14時からのスタートで集合場所はアウシュヴィッツ博物館入場棟の前でした。

 

なので、そこまではクラクフからバスで向かいます。

前日にバス停やら、バスチケットの購入を済ませていたのでスムーズに進みます。

 

バスを待っているときに、日本人らしき方も何人か並んでいて、もしかしたら同じ中谷さんのガイドに参加する方かなぁと思ったりしてました。(結果的にそうでした)

 

そして、アウシュヴィッツに到着です。

世界各国からたくさんの人が集まっていて、入場口付近はかなり混雑しています。

とりあえず、自分が背負っているカバンが若干大きいことには気づいていたので、入り口近くにある建物に荷物を預けます。
有料です(値段は忘れてしまったのですが、そんなに高くなかったような。。)。
そして、まだ集合時間まで時間があるので、トイレにも行きます。

 

軽食だったり、飲み物だったりを買える場所があり、そこにトイレもあったのですが、高い。。。
有料トイレは滞在中なんどか見ましたが、ここが一番高かったような。。。

また、水も高いですね。来る前に適当なスーパー等で買ったものを持ってきた方がいいかも。

 

少し早めに集合場所にて待っていると、ぞくぞくと日本の方が集まってきます。

「中谷さんのガイドに参加される方ですか?」という会話がいたるところで起こります。

結果的に、123人はいたように思います。

 

参加者に関しては、一人で来ている方もいれば、家族で来ている方もいるし、
女性一人の方もいれば、男性一人の方もいる。年齢層も幅広いように思えました。

 

そして、中谷さんもいらっしゃってツアーは始まったのですが、
実際のツアー内容については、うまくまとめられそうになく、中途半端に整理した状態で書いて、
間違った印象を与えるのはよくないと思うので、今後もう少し整理できたら書こうかと思っています。

 

だけど、アウシュヴィッツを中谷さんガイドで回れたのは本当によかったと思います。
アウシュヴィッツの歴史だったりを単に日本語で説明・解説して下さるだけでなく、
日本という視点からみたガイドをして下さるので大変勉強になりました。

 

また、質問もしやすい雰囲気を作って下さるので、
気になったことなどは色々質問させて頂きましたし、どの質問にもわかりやすく答えてもらいました。


A5AB7B03-E03B-40A5-9311-572A1D4054D7

アウシュヴィッツのガイドが終わったあとは、ビルケナウにみんなで移動し、
ビルケナウで解散となります。

ただ、帰りのバスはアウシュヴィッツから出ているので、
結局はみんなでビルケナウからアウシュヴィッツに戻る流れになりますね。


ちなみに、アウシュヴィッツのガイドが終わった時点でビルケナウに行かずに帰ることもできるようです(一緒に回った人で途中で帰った方はいませんでしたが)。

 

最終的に、クラクフに戻ったのは7時過ぎだったと思います。

その後、事前に調べていたレストランに向かいますが、席が空いていないということで、断られます。

 

では、夕食をどこに食べようかと、ブラブラと町を歩き回りますが、中々見つかりません。
レストラン自体は多いけれど、高そうだったり、一人で入るのが難しそうだったり、混んでいるところ多いのです。

 

一人旅行での食事場所はいつも苦労します。

そんなときに見つけたのが、ケンタッキーフライドチキンでした。

日本にも当然あるお店です。もう体も疲れ、早く何か食べたい。お店選びに悩みたくない。
その思いが後押ししてくれ、ケンタッキーに入ります。ハンバーガーを食べます。

めちゃくちゃ美味しかったです。


そんな感じで、この日は終わりました。

 

そして、翌日は自由行動最終日です。

そんなに予定は詰め込んでおらず、のんびり町散策がねらいです。